闘う欠陥住宅ぶろぐ
現在、築10年の欠陥住宅に住みながら、施工業者と繰り広げている最中の憤懣や疑問、反省を 綴ったブログ

■ プロフィール

いさちゃん@

Author:いさちゃん@
FC2ブログへようこそ!

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (5)
我が家の欠陥 (7)
これまでの経緯 (6)
はじめまして (1)
怒り心頭 (2)
欠陥住宅仲間? (3)
契約書類 (3)
調停 (1)

■ FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

■ ランキング参加

ランキングサイトに登録しています。 ご協力していただけたら、ポッチっとクリックしてください。

表示がおかしいのは、 ご愛嬌ということでどうしらいいんでしょう?(*゚ω゚*)ん?

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
設計図書他
私たちが、今なぜ大変かというと、

家の引渡しのときに、
普通は、設計図書とか渡されるんですよね。
(うち、普通じゃないバージョンなので、)

それで、住宅金融公庫の手続きが終わったら、
その書類も施主に返却されるはずがそれも無い。

と言うことで、書類のない中、五里霧中の状態で、
どんな契約をしたかも分からず、どんな家が建っているかも
分からず、どんな書類があったかも分からない状態です。

この場合、建築の最低基準、生命の安全に関わる最低基準の
建築基準法に適合しているかどうかでしかパナと闘えません。
調停も、その部分でしか戦えないので、

普通の工務店さんよりもとても高い料金を取っておきながら、
最低基準はクリアできてますからそれでいいでしょ

っていうのは納得できな~い。


そこで、宜しければでいいのですが、
パナで家を建てられた方、そのほかのハウスメーカー出たてられた方。

どんな書類があるのか教えていただけないでしょうか?
記憶だけでも、いいのでコメントよろしくお願いします。

私の家は10年ほど前にパナホームで建築しました。
家は、サンフォレスタもしくは、サンルーカスです。

ホンとによろしくお願いします。


スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

設計図書が無い!!
私たちは、引渡し時に渡された書類が
我が家の設計図書一式だと思っていました。

その後、家を建てて7年ほど建ってから、
家のヒビ割れを調査していただくために、
専門家の方に見てもらうと、
書類はたったこれだけですか?」と言われました。


そこで、その専門家の方にどんな書類があるのかを聞き、
パナホーム滋賀に問い合わせたところ、

パナホーム滋賀が、引越しするときに
その個人に交付される設計図書を
紛失したと言う答えが返ってきました。

家を建てた時当時、書類を返却される本来の手続きでは、
金融公庫より業務を委託された地方公共団体から、
審査を完了した時には、設計図書を個人と銀行に送付される
と決まっています。

ということは、施主(私)に設計図書は直接返されているはずでした。

ところが、
パナホーム滋賀が委任状を作成し、代理受領をしていました。

何故、パナホーム滋賀が引渡しの時に、
その代理受領した設計図書を渡さなかったのでしょうか?

また、引越しして紛失する前に、私たちに返却してくれなかったのでしょうか?

私たちは、基礎のヒビ割れの原因を突き止めるために、
その設計図書がないため、大変苦労しています。

また、設計図書を渡してもらえなかったことで、
何か、その中に、適切でないことが書いてあるから、
渡せなかったんじゃないか?と思ったり、
パナホーム滋賀がホンとにうっかりしていただけで、
別になんともないのかな?
過剰な要求をしているのかな?
という気持ちで揺れ動き、とてもストレスを感じています。

引渡しのときや、金融公庫の融資を受けた方で、
皆さんは、設計図書をどういう形で受け取られたのでしょうか?
教えていただけたら、うれしいです。

住宅業者の方も、設計図書の施主へ交付するときには、
いつ、どんな形で行うものでしょうか?
ご意見いただけたらうれしいです。

よろしくお願いします。


テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

検査済み証が無いって!!
基礎のヒビ割れが発端でいろいろと調べていました。

基礎については契約書では5トン基礎ですが、
建築確認書には3t基礎で届出がされていました。
実際の出来上がりは5トン基礎でした。
(3t基礎のほうが丈夫です)

私たちは、住宅金融公庫でお金を借り、
検査済証を貰えるような家を建てて欲しく、
その当時、それをお願いしていました。

何故そう考かというと、
違法建築の話がチラホラとニュースで出はじめたので、

住宅金融公庫は、優良住宅にお金を貸すということが、
目的だったと思うので、(ゴメンナサイあやふやで…)
公庫基準の検査があるし、検査済み証が無いと、
貸し出さないと言う話を聞いていたので、

住宅金融公庫でお金を借りたほうが、
安心だし良い家が建つのではないかと思っていました。

それなのに、何故?という気持ちです。

あくまで、その当時パナホーム滋賀を信じていたので、
完了検査を受けず、検査済み証が無い家だとは
とは、思いませんでした。

今になってですが、パナホーム滋賀に問い合わせると、
その当時、完了検査をする義務がなかった
のでしなかった。という趣旨の応えでした。

建築基準法には、その当時から、完了検査は義務なのに、
パナホーム滋賀には、そういう意識しか無かったんだなと
回答を聞いて思いました。

ランキングに参加していますので、
クリックお願いします。↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ


にほんブログ村



テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ QRコード

QRコード


copyright 2005-2007 闘う欠陥住宅ぶろぐ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。