闘う欠陥住宅ぶろぐ
現在、築10年の欠陥住宅に住みながら、施工業者と繰り広げている最中の憤懣や疑問、反省を 綴ったブログ

■ プロフィール

いさちゃん@

Author:いさちゃん@
FC2ブログへようこそ!

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (5)
我が家の欠陥 (7)
これまでの経緯 (6)
はじめまして (1)
怒り心頭 (2)
欠陥住宅仲間? (3)
契約書類 (3)
調停 (1)

■ FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

■ ランキング参加

ランキングサイトに登録しています。 ご協力していただけたら、ポッチっとクリックしてください。

表示がおかしいのは、 ご愛嬌ということでどうしらいいんでしょう?(*゚ω゚*)ん?

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
パナホーム(株)が受けた型式部材等製造者認証の取消しについて
ご無沙汰しています。いさちゃんです。

国土交通省のHPより、以下のような重大なことが発表されました。
今回は、書きたいことは、いっぱいありますが、
お知らせだけにしたいと思います。

とても、重大なことだと思うからです。

パナホーム(株)が型式部材等製造者認証の取消しにになりました。

何が起こったかをざっくりまとめると、
国土交通省に認められた型式と違う形で、パナホームが、
家を建てていたことが判明し、その認証が取り消された。
と言うことです。

認証を受けるメリットは、
認証を受けた者が製造・新築をした型式部材等は、建築確認・検査の特例(審査省略)の
適用対象にになることです。

今回は、平成19年の屋根についてが対象です。

が、私の家は、約10年前に建築しましたが、
(認定図書も、設計図書もわたされず)
確認のしようがないのですが、
その当時から、似たようなことをしていたような気がします。

なので、平成19年度の屋根のことだけではなく、
国土交通省や、パナホームに問い合わせをされてもいいのではないでしょうか?

詳細は、国土交通省HPでご覧ください。


国土交通省のお問い合わせ先は、↓↓です。

国土交通省住宅局建築指導課 課長補佐 宮本
     〃        企画係長 山口

TEL:(03)5253-8111 (内線39-519、39-538)
   直通 (03)5253-8514



スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

私の家の近所のパナホーム
[パナホーム] ブログ村キーワード

パナホームで家を建てた人のブログをよく見るのですが、
満足されている方もいっぱいいらっしゃる。

と言うことは、
誠実な仕事をしてくれるのか、
素人なんていくらでも、誤魔化せると思って仕事をするのかは、
それぞれの営業さんや、会社次第なのだと思います。

変な欠陥住宅を建てないためには、
大きなハウスメーカーの名前ではなくて、
建てる会社がどういう会社か、営業の人か、
見極めるのが大事だなと、つくづく思います。

人と争うのってすごくエネルギーが要りますね。
最近、少々疲れ気味です。


テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

実録 悪夢の欠陥住宅
 今日は、我が家と同じような欠陥住宅の方を見つけました。
業者の対応が、私の経験したものと同じでした。
 
このホームページのこの言葉は、
欠陥住宅トラブルは、「根拠のない信頼感」から始まりました。
激しく共感しました。まさにそのとおりです。

欠陥住宅と疑っている人も
欠陥住宅を建てないようにがんばっている人も
参考にできるHPだと思います。

実録 悪夢の欠陥住宅

ランキングに参加していますので、
クリックお願いします。↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ


にほんブログ村

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ QRコード

QRコード


copyright 2005-2007 闘う欠陥住宅ぶろぐ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。