闘う欠陥住宅ぶろぐ
現在、築10年の欠陥住宅に住みながら、施工業者と繰り広げている最中の憤懣や疑問、反省を 綴ったブログ

■ プロフィール

いさちゃん@

Author:いさちゃん@
FC2ブログへようこそ!

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (5)
我が家の欠陥 (7)
これまでの経緯 (6)
はじめまして (1)
怒り心頭 (2)
欠陥住宅仲間? (3)
契約書類 (3)
調停 (1)

■ FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

■ ランキング参加

ランキングサイトに登録しています。 ご協力していただけたら、ポッチっとクリックしてください。

表示がおかしいのは、 ご愛嬌ということでどうしらいいんでしょう?(*゚ω゚*)ん?

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
床下に潜って
基礎に白い丸い花模様が出来ていたので、
建築士さんに尋ねました、すると 白華現象ですと言われた。
白華現象の意味を尋ねました.すると コンクリートのヒビ割れ
の中に、雨、結露が浸透して、コンクリートと化学反応して水酸化
ナトリュムが溶けた現象らしい。そして、コンクリートは中性化が
進み劣化するらしい。ヒビ割れ補修後に基礎が、いつも湿気た
状態なのでこれからも心配です

白華現象
スポンサーサイト
床下に潜って
我が家は軽量鉄骨造りのはずが、
床組みは和室6帖床下、木造っぽくて鉄筋はどこ?って感じ。
束石が無い!!

写真の左側の柱の下には束石がない。
何の不都合があるかとかは、
素人なもんで、わからないですが、

和室8帖床下の床組み鉄骨造りです。普通は
6帖,8帖は同じ和室なので、同じ施工をすると思う
んですが していないのは、な~ぜ~
排水枡のある場所と大体同じ場所ですが、
写真の左上のほうの緑の管がガス管です。
そして、白い紐のような線は電気の配線です。
床下排水枡


ガス管と電気の線が接触していることと、
ガス管が支持金物で設置していないことも、
建築基準法違反です。
(画像をクリックしてもらうと、大きくなります。)


ガス管と電気の線が接触していると、
地震が起きたときなどに、ガスに引火する可能性があるため、
特に危険な状態です。

そのような施工をしていることも、腹立たしい限りですが、
もっと腹の立つことは、パナホーム本社の方々が
我が家のヒビ割れの調査しに来たときに床下に潜って調査をしていきました。

プロであれば、そのときに気づく問題ではないでしょうか?

しかし、私たちが問題にしていたヒビ割れの内容以外に、
パナホーム本社の方々は、この問題を指摘されませんでした。

これを修理することは、費用も手間もそれほどかからないので、
パナホームが負担になる内容でもないのに、
施工に問題があっても、こちらが言わない限り見て見ぬふりをするような会社は、
あまりに不誠実ではないでしょうか?

 私たちは、あくまで素人なので、問題があったとしても、
それが、問題だと、わからないことが多々あります。
 おかしいんじゃないかな?と疑問に思う程度です。

 それなのに、プロが素人の指摘を待ってからでないと、
対処しないと言うのは、いかがなものかと思います。

改めて、パナホームのブランド・ポリシーを読みました。
その中で、
"お建てした後も、ずっとお客様の近くで住まいと暮らしを見守り続ける
生涯のお付き合いで、ご家族の夢をご一緒に育ててまいります。"


と謳っていることを見ると、

「見守るだけ~やねんなぁ~!? 
社員もポリシーどおりやってんねんから~。
そりゃ~しゃ~ない(仕方ない)わなぁ~。」
と、
思わず納得してしまいました。










床下に潜って(2) 排水枡編
 台所、食堂の床下に排水枡が設置してあります。
下の写真がその排水枡です。

前回お風呂の排水の時の排水枡はこれのことです。

 排水枡の真上に点検するための開口部を設置していると、
排水枡の掃除が出来るのですが、開口部が真上にないため、
床下と排水枡との空間がないので、その蓋が開けられなくて、
掃除ができないらしいです。
 
床下排水枡
 
 その時の掃除をしてもらうために来てもらった水道屋さんも、
現在アドバイスしていただいている建築士さんも、
普通は屋外に排水設備はするものだと言っていたので、

何で、わざわざこんな施工したのか良くわからないです。



ブログランキングに参加しました。
ぽちっとご協力お願いします。

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ QRコード

QRコード


copyright 2005-2007 闘う欠陥住宅ぶろぐ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。